Google XML Sitemapsの設定方法|SEO対策に必須のプラグイン

悩んでいる人

・全然ブログをUPしても掲載されない
・インデックスが大事って聞くけどよく分からない
・サイトマップって何?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・Google XML Sitemapsの設定方法
・インデックスとは
・サイトマップとは
・2021年版サイトマップの重複を避ける方法
・初心者向けのその他プラグイン

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほどです。
副業でブログを始めたことを機に独立し、2021年現在ではブロガーだけでなく、コミュニティ講師やセミナー登壇など幅広く活動しています。

今回は、SEO対策に必須のプラグインである「Google XML Sitemaps」の設定方法についてご紹介します。

このプラグインは、ブロガーの誰もが導入しているものなので、記事を参考にしながら必ず導入するようにしてください。

また、「インデックス」や「サイトマップ」に関しての深い知識がなくても運営に支障はないですが、知っておくとトラブルや時代の変化に対応しやすくなりますので、併せてインプットしていきましょう。

目次

Google XML Sitemapsの特徴

  • Googleが公式で推奨しているプラグイン
  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成
  • Googleクローラーにサイトマップを自動送信

自分が書いた記事をGoogleクローラー(※下記参照)に認識してもらう為には、サイトマップは必須です。なぜなら、記事の公開や更新に合わせて毎回Googleクローラーに情報を伝えていては非常に時間が掛かるからですね。

通常、クローラーはリンクを辿って記事を認識しますので、サイトマップがないとクローラーは「どこに」「どんな記事があるのか」が分かりにくくなり、発見できなければ平気でスルーもします。

その点、Google XML Sitemapsを導入することでサイトマップを自動生成してくれるので、Googleクローラーは新しく書いた記事を発見しやすくなり、検索結果にすぐに表示してくれる、という理解になります。

サイトマップとは

サイトマップのイメージ図

サイトマップとは、自分のサイトの地図のようなもので、サイトにどんなコンテンツがあるのかを一覧でまとめてみれるページのことです。

サイトマップには、ユーザーとGoogleクローラーにサイトの内容を分かりやすく伝える役割があります。

上述の通り、サイトマップはユーザー用とGoogleクローラー用と2種類あり、通常それらをHTMLサイトマップ、XMLサイトマップと呼びます。ちなみに、Google XML Sitemapsは、Googleクローラー用のXMLサイトマップです。

HTMLサイトマップ(ユーザー用)を作成する

※準備中

Googleクローラーとは

Googleクローラーのイメージ図

クロールとは、「クローラー」と呼ばれるロボットが、インターネット上のWebページをひとつひとつ巡回し、情報を収集することをいいます。

つまり、Googleクローラーとは、Googleの情報収集ロボットのことです。上図のように、Googleのロボットがコンテンツを認識することでGoogleの検索結果に表示してくれます。

だからこそ、Googleのロボットが認識しやすいように仕組みを作ってあげる(=Google XML Sitemapsをインストールする)ことが大切なわけですね。

ちなみに、全然覚えなくて大丈夫ですが、クローラーが認識したあとの流れは下図の通りです。

  1. Googleクローラーがクロールする
  2. 収集したデータを、データベースに保存する(インデクサー)
  3. 検索キーワードから関連性の高さと重要度などから順位決定する(サーチャー)

Google XML Sitemapsのインストール

WordPressダッシュボードの管理画面にあるプラグイン「新規追加」から「Google XML Sitemaps」をインストールし、有効化しましょう。

Google XML Sitemapsのインストール方法

もしくは、下記からダウンロードできます。その場合、お使いのサーバー管理画面にいきwp-content/pluginsディレクトリにアップロードして下さい。

Google XML Sitemapsの基本設定

STEP
「XML-Sitemaps」の設定画面から「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外し、パーマリンクの末尾(「sitemap.xml」)をコピー
XML形式で送信しないといけないので、HTML形式でのサイトマップは不要です。
STEP
サーチコンソールの「新しいサイトマップの追加」へペースト(「sitemap.xml」)

「成功しました」と表示されればOKです。

サーチコンソールを設定した後に行ってください。

Google XML Sitemapsでよくある質問

Google XML Sitemapsをインストールしましたが、これで機能しているんですか?

Google XML Sitemapsは、サーチコンソールと連携させる必要があります。その為、「Google XML Sitemaps」と「サーチコンソール」はセットと覚えておきましょう。

サーチコンソールでエラーが表示されました・・・

時間を置いてから再度トライしてみましょう。

【重要】2021年版サイトマップの重複を避ける方法

従来は、Google XML Sitemapsを使ってXMLサイトマップを生成するだけで良かったのですが、2021年現在ではもう一手間作業を加える必要があります。

理由として、WordPressのバージョンは(2021年1月現在)現在5.6になりますが、5.5のタイミングでWordPressの標準機能にXMLサイトマップの自動生成が追加された為です。

このWordPressの標準サイトマップは、XMLサイトマップとしての機能を有していますが、Google XML Sitemapsと比較するとやや見劣りするような機能なので、優先的に使う必要は全くありません。従来のGoogle XML Sitemapsで十分です。

従って、2021年から新しく対応しなければならないことは、WordPressの標準サイトマップを無効化することです。

あなたのパーマリンクの末尾に「/robots.txt」を追加して検索すると、以下のような画面になります。

検索例:https://○○.jp/robots.txt

robots.txtで検索した画面

「robots.txt」というのは、簡単にいうとクローラー(Googleの情報収集ロボット)にどのデータを伝えるのかを指示するプログラムです。

上図を見て頂ければ分かるように、「sitemap.xml」が2つ存在してしまっているのでクローラーに正しくコンテンツを送信できていません。

「sitemap.xml」が2つ存在することが直接的な原因で順位が低いといったケースはないと思いますが、Googleは機械なので、”正しく分かりやすく”伝えることに越したことはありませんよね。

WordPressの標準サイトマップを無効化する方法

それでは、WordPressの標準サイトマップを無効化していきましょう。

具体的な手順は、

  1. 外観→テーマエディターへ移動する
  2. テーマエディターの中の「テーマのための関数(functions.php)」に下記コードをコピペ
add_filter( 'wp_sitemaps_enabled', '__return_false' );
STEP
外観→テーマエディターへ移動する
バグの原因に繋がりやすいので、必ずお使いのテーマの「子テーマ」で実施してください。
STEP
テーマエディターの中の「テーマのための関数(functions.php)」に下記コードをコピペ
STEP
「sitemap.xml」が1つになっているかを再度確認

再度「/robots.txt」で検索し、「sitemap.xml」が1つだけになっていれば問題ありません。

以上で、Google XML Sitemapsの全ての設定は終わりとなります。

【初期設定】WordPressをインストールしたら導入したいプラグイン

【2020年版】初心者におすすめのプラグイン一覧
Contact Form 7の使い方とカスタム方法|お問い合わせフォーム作成のプラグイン
Broken Link Checkerの使い方と設定ガイド|リンク切れを自動チェックするプラグイン
Invisible reCAPTCHAの設定手順と使い方|スパム対策に最適なプラグイン
【作業効率アップ】AddQuicktagの使い方ガイド|ショートコードをまとめるプラグイン
EWWW Image Optimizerの設定ガイド|画像を軽量化して表示速度をあげるプラグイン
WebSub/PubSubHubbubの使い方|トレンドブロガーは絶対に導入すべきプラグイン
WP External Linksの使い方と設定方法|ブログパワーを逃さないプラグイン
TinyMCE Advancedの使い方を解説|初心者向けのプラグイン
BackWPupの設定マニュアル|万が一の味方をしてくれるプラグイン
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる