Google XML Sitemapsの設定方法|SEO対策に必須のプラグイン

悩んでいる人

・全然ブログをUPしても掲載されない
・インデックススピードが大事って聞くけどよく分からない
・サイトマップって何?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・Google XML Sitemapsの設定方法
・インデックスとは
・サイトマップとは
・2021年版サイトマップの重複を避ける方法
・初心者向けのその他プラグイン

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほどです。
副業でブログを始めたことを機に独立し、2021年現在ではブロガーだけでなく、コミュニティ講師やセミナー登壇など幅広く活動しています。

今回は、SEO対策に必須のプラグインである「Google XML Sitemaps」の設定方法についてご紹介します。

このプラグインは、ブロガーの誰もが導入しているものなので、記事を参考にしながら必ず導入するようにしてください。

また、「インデックス」や「サイトマップ」に関しての深い知識がなくても全く運営に支障はないですが、知っておくとトラブルや時代の変化に対応しやすくなりますので、併せてインプットしていきましょう。

目次

Google XML Sitemapsの特徴

  • Googleが公式で推奨しているプラグイン
  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成
  • Googleクローラーにサイトマップを自動送信
  • SEO対策に必須のプラグイン

あなたが書いた記事をGoogleクローラーに認識してもらう為には、サイトマップは必須です。

サイトマップとは、サイト全体の構成を地図のように一覧で表示するページのことで、ユーザー(読者)やGoogleクローラーにサイト内容を分かりやすく伝える役割を担っています。

なぜなら、記事の更新や公開に合わせて毎回、Googleクローラーに情報を伝えていては非常に手間が掛かるからですね。通常クローラーは内部リンクを辿って記事を認識しますので、サイトマップがない(整理されていない状態)とクローラーは「どこに」「どんな記事があるのか」が分かりにくくなり、発見できなければ平気でスルーもします。

その点、Google XML Sitemapsを導入することでサイトマップを自動生成してくれる(整理整頓してくれる)ので、Googleクローラーは新しく書いた記事を発見しやすくなり、検索結果にすぐに表示してくれます。

Google XML Sitemapsのインストール

Google XML Sitemapsの基本設定

Google XML Sitemapsでよくある質問

【初期設定】WordPressをインストールしたら導入したいプラグイン

【2020年版】初心者におすすめのプラグイン一覧
Contact Form 7の使い方とカスタム方法|お問い合わせフォーム作成のプラグイン
Broken Link Checkerの使い方と設定ガイド|リンク切れを自動チェックするプラグイン
Invisible reCAPTCHAの設定手順と使い方|スパム対策に最適なプラグイン
【作業効率アップ】AddQuicktagの使い方ガイド|ショートコードをまとめるプラグイン
EWWW Image Optimizerの設定ガイド|画像を軽量化して表示速度をあげるプラグイン
WebSub/PubSubHubbubの使い方|トレンドブロガーは絶対に導入すべきプラグイン
WP External Linksの使い方と設定方法|ブログパワーを逃さないプラグイン
TinyMCE Advancedの使い方を解説|初心者向けのプラグイン
BackWPupの設定マニュアル|万が一の味方をしてくれるプラグイン
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる