Contact Form 7の使い方とカスタム方法|お問い合わせフォーム作成のプラグイン

Contact Form 7とは、お問い合わせフォームを簡単に作成できるブロガーに欠かせないWordPressプラグインです。

目次

Contact Form 7の特徴

  • WordPressでお問い合わせフォームの設置といえば「Contact Form 7」と呼ばれるほど代名詞
  • サイトやブログの運営者であれば導入必須のプラグイン
  • デザインのカスタマイズや問い合わせ内容の変更も柔軟

WordPressテーマによっては、標準でお問い合わせ機能がついているものもありますが、基本的にはブロガーの全員が導入しているプラグインになります。

あなたがWEB上に独自ドメインを所有している以上、お問い合わせフォームの設置は”義務”ですので、必ず導入して設置しましょう。

Contact Form 7のインストール

WordPressダッシュボードの管理画面にあるプラグイン「新規追加」から「Contact Form 7」をインストールし、有効化しましょう。

もしくは、下記からダウンロードできます。その場合、お使いのサーバー管理画面にいきwp-content/pluginsディレクトリにアップロードして下さい。

Contact Form 7の設定手順

STEP
「お問い合わせフォーム」の個別ページを作成
管理画面の固定ページ→新規追加からお問い合わせフォーム用のページを作成します。
タイトルを追加に「お問い合わせ」を、URLスラッグに「contact」と入力し公開してください。
STEP
「お問い合わせフォーム」のコードを挿入
ダッシュボードのお問い合わせ→コンタクトフォームからショートコードに表示されるコードを全てコピーしてください。
そして、先ほど作成した固定ページ→お問い合わせを選択し、コードエディターにペーストします。

ビジュアルエディターにペーストしても機能しませんので注意しましょう。

STEP
トップページにお問い合わせを設置
グローバルメニュー を作成していない場合は、まずメニューの作成からする必要があります。
メニュー名は任意で問題ありませんが「グローバルメニュー 」とするのが無難です。
メニューを作成後、作成したお問い合わせを「メニューに追加」し、「ヘッダーメニュー」にチェックをします。

Contact Form 7でよくある質問

お問い合わせの項目は変更できませんか?

勿論、可能です。フォームテンプレートの編集より希望のタグを選択し、設定ください。

デザインを変更することはできますか?

カスタムCSSで簡単にデザインを変更することができます。本コンテンツでは紹介致しませんが、デザインに凝りたい方は「contact form 7 カスタムCSS」とGoogle検索し、ご対応ください。

【初期設定】WordPressをインストールしたら導入したいプラグイン

【2020年版】初心者におすすめのプラグイン一覧
Broken Link Checkerの使い方と設定ガイド|リンク切れを自動チェックするプラグイン
Google XML Sitemapsの設定方法|SEO対策に必須のプラグイン
Invisible reCAPTCHAの設定手順と使い方|スパム対策に最適なプラグイン
【作業効率アップ】AddQuicktagの使い方ガイド|ショートコードをまとめるプラグイン
EWWW Image Optimizerの設定ガイド|画像を軽量化して表示速度をあげるプラグイン
WebSub/PubSubHubbubの使い方|トレンドブロガーは絶対に導入すべきプラグイン
WP External Linksの使い方と設定方法|ブログパワーを逃さないプラグイン
TinyMCE Advancedの使い方を解説|初心者向けのプラグイン
BackWPupの設定マニュアル|万が一の味方をしてくれるプラグイン
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる