【トレンドブログを始めたい方】知っておきたい1/100が表す意味

この記事では、2021年にトレンドブログに直面している状況すべてを包み隠さず暴露しています。

・これからトレンドブログを始めようと思っている方
・「トレンドブログが初心者におすすめ」と誰かに言われた方
・自分がトレンドブログに本当に向いているのか不安な方
・トレンドブログを誰かから教えてもらいたいと検討している方
・たった3ヶ月で月100万円以上という数値に疑いの目を持っている方

このような方向けの記事となっています。

本記事の信頼性
  • WEBビジネス収入:最高200万 / 月
  • WEBディレクター / プロデューサー
    (元会社員→独立)
  • (株)LiveDesignと提携のブログ講師
KIHIRO

これからお話しすることは、トレンドブログに関しての僕(2020年以降100名以上のクライアント様をサポートした)の経験と、数値として客観的に確認できているデータです。

また僕からのお願いですが、この記事を読んだ後に情報をただ丸呑みするのではなく、あくまでも【一つの情報】とだけ受け取っていただき、客観的に物事を捉える力を養って頂ければと思います。

ぜひこの記事をきっかけに、

  • トレンドブログが本当に自分に見合った手法かどうか
  • 他の情報発信者の言っている内容や実績としてアピールしている数値は本当に正しいのか

をしっかりと見極められる力を手にして頂ければ幸いです。

目次

What’s 1/100 ???

最初に結論からお伝えすると、1/100が意味することは【すでに大きな実績のある情報発信者(トレンドブログのコンサルをしている人)のサイトで紹介されている月10万円以上達成したクライアントの数を、2020年と2021年で比較したときの差】です。

簡単にいうと、2020年と2021年で月10万円以上の実績者数を比較したときに、2021年は100人に1人の割合でしか達成できなくなっているということです。

勿論、1年もあれば事業の方針が大きく変わることもあるので、達成した人がいてもあえて載せない場合もあると思います。

但し、今回は客観的に捉えることを軸としたいので推測は排除してお伝えしていきます。

僕が所属しているビジネスコミュニティORDER(旧:COLORS)をはじめとして、2021年現在にはたくさんの情報発信サイトがあります。

  • ○○○○ WORKS
  • ONE ○○○○
  • ○○ ○○ traveling
  • 初心者から○○起業!○○○○
  • ○○○○ WORLD
  • ○○○○ Life Creater
  • ○○ Blog ○○ Life
  • SIM○○
  • ○○○○ style
  • ○○ YOURSELF

上述したように”あえて”実績者を載せなくなった発信者もいると思いますが、それにしても全体を俯瞰してみたときに目に見えて紹介の数が減っていることは事実です。

もし上の虫食いからなんとなく分かった方がいたら、ぜひご自身の目で調べてみてください。

かくいう僕が所属するORDERも2020年以前と2021年現在とでは圧倒的に実績者の数が減りました。少し補足すると、月1〜5万円程度であれば以前と変わらず数多くのクライアント様が達成しています。

しかし、月10万円以上となると本当に達成できる人は少なくなりました。

それでは、なぜトレンドブログで月10万円以上達成するのが難しくなったのか、以下に解説していきます。

トレンドブログで月10万円以上はもう稼げない?客観的な分析結果

2020年と2021年現在と何が大きく変わってしまったのか、その答えはGoogleアルゴリズムです。

ブログ初心者の方にはやや難しい内容となりますが、すごく大事な知識なのでしっかりと目を通して頂ければと思います。

Googleアルゴリズムとは

Googleアルゴリズムとは、検索結果に表示されるWebページの掲載順位を決めるプログラムのことを意味します。

例えば、2021年6月にGoogleで「トレンドブログ」と検索すると以下のようなWebページが表示されます。

一番上に表示されるWebページはamazon.co.jpで、二番目に表示されるWebページはhmv.co.jpです。このようにwebページの順位付けをしているのがGoogleアルゴリズムです。

そして、このGoogleアルゴリズムは時代に即して検索者(以下、ユーザー)がより良く扱えるように頻繁に改良されていますが、年に数回だけ大規模なアップデートを行います。

それを俗に、Googleコアアルゴリズムアップデートと呼びます。

Googleアルゴリズムがブロガーに与える影響

Googleアルゴリズムはwebページの順位付けをしているため、ブロガーはGoogleアルゴリズムを研究して自分が書いた記事がより上位表示されるよう(検索結果1位に近くなるよう)工夫する必要があります。

少し言い方を変えると、ブロガーは上位表示できなければまったく記事を見てもらえない=稼げないので、なんとかして上位表示できるよう試行錯誤しなければいけません。

ただ、上述でお伝えしたようにGoogleアルゴリズムはユーザーの為に頻繁にアップデートを繰り返し、webページの順位付けをしているので、例え一時的に上位表示できたとしても、アルゴリズムが変わればまったくアクセスがなくなってしまいます。

それほどGoogleアルゴリズムはブロガーに大きな影響を与えているとまずしっかりと覚えておきましょう。

トレンドブログが稼ぎにくくなった理由①Googleコアアルゴリズムアップデート

トレンドブログが稼ぎにくくなった理由の1つが、2020年5月に起こったGoogleのコアアルゴリズムアップデートです。

このアップデートは、巷では「ブロガーのリーマンショック」と呼ばれており、その名の通り個人で稼ぐことが極端に難しくなりました

例えば、以下の表を見てみてください。

こちらの表は、2020年4月に月収30万円達成したCOLORSのクライアント様のトレンドブログです。

2020年5月1日の欄に記載されている数値はコアアルゴリズムアップデートが起こる前の数値で、2020年5月9日の欄に記載されているのが、コアアルゴリズムアップデートが起こった後の数値です。

一目瞭然ですが、最も稼ぎ柱であった記事(2020/05/01のときクリック数1677)が一瞬にして0となるほど、凄まじい影響を受けているのが分かります。

収益でいうと5月の利益は3万円だったそうなので、一夜にして90%売上が減ってしまったことになります。

なぜ個人が稼げないようなアルゴリズムになったのか

正確な意見は、僕自身Googleの中の人ではないので分かりませんが、新型コロナを背景に企業や専門家のサイトを一刻も早く優遇したいという思惑があったのではと考えています。

というのも、当時新型コロナの感染が急拡大している中で、さまざまなデマが個人サイト(トレンドブログ)を発端として横行していました。

  • 納豆を食べると効果がある
  • 中国の研究所で作られた生物兵器
  • トイレットペーパーが品薄になる
  • イソジンが感染予防に効果的

また、まだ記憶に新しい京アニの悲惨な事件の際にも、民度の低いトレンドブロガーが以下のような発信をしてしまったことも間接的に関係していると僕自身思っています。

  • 亡くなった遺族は誰?
  • 亡くなった遺族の家族構成を調査!
  • (事件発生当初)犯人は誰?
  • (事件発生当後)犯人の住所はどこ?

要するに、Google側からみて一定数の個人サイトが度を越して悪行を重ねてしまったために、連帯責任で個人記事を一斉に締め出してしまったということです。

KIHIRO

今思い返してみても、当時は本当に何を書いても全く上位表示されませんでした。それくらい企業優遇に徹底したアルゴリズムだったと思います。

そういったブロガーのリーマンショック的なアップデートが2020年5月にあり、その後2020年12月と2021年6月のコアアルゴリズムアップデートで個人も少しずつ稼ぎやすくなりましたが、2020年以前と比較すると個人の稼ぎやすさは雲泥の差があります。

トレンドブログが稼ぎにくくなった理由②新型コロナの影響

2020年5月のGoogleコアアルゴリズムアップデートと同じくらいトレンドブログに影響を与えたのが、新型コロナの影響によってGoogleアドセンス(トレンドブログの主な収入源)の広告単価が大きく下落してしまったことです。

Googleアドセンスについて少し調べたことのある人は、大体1クリックあたり平均20〜30円程度と認識していると思いますが、2021年現在ではそれは大きく間違った数値となっています。

また、巷に溢れている情報の中には、月10万円を稼ぐためには1クリック30円と仮定しクリック率を1%とすると、

  • 1,000PV=約300円
  • 30,00PV=約1,000円
  • 10,000PV=約3,000円
  • 100,000PV=約30,000円
  • 300,000PV=約100,000円

上記の計算になるので、「とりあえず30万アクセスを集めましょう」といった内容があります。

しかし、重ねて強調しますが2021年現在では大きく単価が下がり、1クリックあたりの平均単価が大体10〜20円前後なので、例え30万アクセスを集めたとしてもまったく目標の10万円に届きません。

つまり、初心者はただでさえアクセスを集めることが難しいのに、これまで以上にアクセスを集めないと10万円を達成できない状況というわけです。

KIHIRO

とりあえずブログで稼ぐにあたってGoogleアドセンスがあれば十分でしょ」といった1つの固定概念は、もはや過去のものと僕自身捉えています。

その対策(他社広告の導入や単価の高い記事入れなど)も勿論ありますが、ここではGoogleアドセンス1つだけではかなり稼ぎにくい状況になっていると覚えておいてください。

なぜアドセンスの単価が大きく下がってしまったのか

なぜ新型コロナがGoogleアドセンスの広告単価に影響を及ぼすのかを理解するにはアフィリエイトの仕組みを理解する必要があります。

ここでは詳しく解説しませんが、簡単に言うと、下記の図①広告主が大幅に減ったこと(多くの企業の業績が落ち込んだこと)が大きな要因です。

アフィリエイトの仕組み:4人の登場人物

基本的に広告単価はブロガー側ではどうすることもできないので、Googleアドセンスで2020年以前のように稼ぐのであれば、景気が回復して広告主が増えるのを待つほかありません。

しかし今後、例え景気が回復したとしても大きな改善は期待できないので、Googleアドセンスだけでは稼ぎづらいと断言できます。

トレンドブログが稼ぎにくくなった理由③ノウハウの陳腐化

トレンドブログが稼ぎにくくなった理由の3つ目は、ノウハウの陳腐化です。

少し歴史の話をすると、トレンドブログは2016年頃から一気に注目を集め、多くの個人が参入し始めました。ちなみに、冒頭で紹介したすでに大きな実績のある情報発信者はこのときに参入していた人たちです。

そして、その2016年からはや5年経ちましたが、驚くべきことにその当初から正しいとされるノウハウは今もほとんど変わっていません。

注意して頂きたいのは、正しいやり方(ノウハウ)は今後も変わることはないと思います。ベースの考え方は、Googleが方針転換しない限り変わることはありません。

但し、2021年現在で理解しておかなければいけないのは、そのノウハウを使っている人が溢れてしまっていることです。

ノウハウというのは、そもそも周りに同じことをしている人がいない状況でこそ意味のあるもので、周りが同じようにしているのであれば、それはノウハウではなく常識です。

例えば、トレンドブログ初心者に優しいとされるカテゴリーに「ドラマ」や「イベント」、「CM」などがあります。

これらのカテゴリーは2020年以前ほど個人サイトが稼ぎやすいわけではありませんが、現在も多くの個人サイトが稼いでいるカテゴリーです。

実際に、2021年6月にGoogleで「岡崎花火大会 混雑」と検索しても個人サイトが多数表示されることが分かります。

しかし、上述したようにこの手のキーワードの狙い方や視点、書き方というのはもはや全員の知るところなので、これから始めようと思っているWEB初心者が同じことをしても絶対に稼ぐことはできません

つまり、2021年現在で巷に転がっている情報は基礎を身に付ける上では役立ちますが、その通りにただ実践しても稼げない可能性が高いということです。

KIHIRO

最近では、情報発信者のメルマガ登録特典としてマニュアルを無料プレゼントすることは珍しくありませんが、そのマニュアルが巷で検索してGETできるレベルだった場合、その発信者は・・・と僕は思います。笑

トレンドブログで稼ぐにあたり避けて通れなくなってきているカテゴリー

月10万〜100万円以上稼ぐことを念頭にお伝えしています。月1〜5万円程度であればそれほど関係ありません。

ノウハウが陳腐化していることと、もう1つお伝えしたいことは月10〜100万円以上稼ぐとなるとあるジャンルは避けて通れないということです。

それが何かというと、芸能・人物ジャンル

下の表は、ブログ分析ツールAhrefsとSimilarwebを使って僕が分析したトレンドブログシートの一部です。

無断転載禁止

こちらの表を作成するにあたり、以下の基準で無作為に抽出し分析しました。

  • 月10万〜月100万円以上稼いでいるトレンドブログ
  • リアルタイムで更新しているトレンドブログ

この表から分かるように、大きな利益を上げているトレンドブログのほとんどが、

  • 無名人物の紹介系記事
  • 有名芸能人の不祥事系記事
  • 有名芸能人のゴシップ系記事
  • 日本全国を震撼させるほどの事件系記事

こういった記事を中心に書いているということです。

つまり、これからトレンドブログを始めようと思っている人、且つ月10万円以上を目指している人は芸能・人物、事件系のカテゴリーを狙うことが近道ですし、また避けて通れないとも言えます。

KIHIRO

記事を書く際には、読み手への配慮と同時に書かれる側への配慮が大切と僕自身思っているので、基本的に芸能・人物関係の記事は好きではありません。

また、ゴシップ系の記事(整形疑惑/歴代彼氏・彼女など)は書いていて気持ちよくないですよね。

結論として、トレンドブログで稼げる人は◯◯

ここまで、トレンドブログが稼ぎにくくなっている理由として、以下3つをお伝えしました。

  1. Googleアルゴリズムが厳しくなった
  2. Googleアドセンスの広告単価が下落した
  3. ノウハウが陳腐化し、稼げるカテゴリーも狭まってきた

しかし、「私は1/100になりたいんだ!!!」という人もいると思いますので、ここからどうすれば1/100になれるかを共有します。

結論、主婦/フリーランス/起業家になってください。裏を返すと、サラリーマンの人はトレンドブログで月10万円以上(広告収入のみ)稼ぐことを諦めてください

この理由について以下に解説します。

物理的に時間制約のある人は無理

2020年以前は、基本的に何を書いても上位表示しやすかったのでサラリーマンのような時間的成約がある人でも、問題なく稼ぐことはできました。

しかし、今ではどうでしょうか。

  • Googleアルゴリズムアップデート→ただでさえ上位表示しづらい、ネタを探す時間がない
  • 広告単価が下落→単価が低ければアクセスでカバーするしかないが、その分記事数を増やさなければいけない
  • 芸能・人物系のカテゴリー→リアルタイムで速記できないので、物理的に無理

このような状況下で、情報発信者の中には根性論を唱える人がいると聞きますが、僕的には物理的にどう考えても無理だと思います。

実際に、2021年2月にトレンドブログに関しての独自アンケートを取ったところ、会社員の回答の中にこのようなものがありました。

20代男性会社員

普段働いているので、仕事が終わった後にブログを書くのはやはり疲れます。もとから文章を書くのは得意だったわけではなく、仕事も文章を書くわけではないので非常に疲れます。
なれない作業と仕事の疲れがあるので、ブログの更新をしなくていけないと思うとそれだけで嫌になります。
記事作成も中途半端で終わりにするのも効率が悪いので一気に書き上げるのですが、もちろんプライベートの時間にも制限があり時間を作るとなると睡眠時間が真っ先に減ることになります。
出勤時間が毎回同じではなかったので、早番の人重なると一気に睡眠時間が減ってしまします。
睡眠不足は本業に影響をあたえて注意散漫で、ミスが増えて本末転倒になってしまいました

30代男性会社員

子育てをしながらブログを書いているのですが、記事を書くのについつい集中してしまい子供をあまり構えない状況になってしまいました。これでは駄目だと思い、子供が寝ている時間にブログを書くようにしたのですが今度は睡眠不足で体調を崩しがちになってしまいました。

30代男性会社員

コロナの影響で本業が在宅勤務となった現在。通勤や外出する機会がなくなったため、時間を有効に使おうとトレンドブログを開設することにしました。しかし、始めて見るとあまりにも作業量が多く、予想以上に時間がかかることがわかったのです。少しでも作業時間を増やすべく、睡眠時間を削ったり、本業の仕事が忙しくないときには片手間で記事を作成することもありました。そんな生活を続けていたため、疲労がたまっていたのかなかなか集中できない状態が多くなっていきました。その結果本業の仕事での細かいミスが目立つようになり、一旦ブログの継続をやめることにしました。

30代女性会社員

毎日ネタを探して、色々な情報を探したりしたため、プライベートの時間を削って記事を制作していました。そのため、本業との両立が難しく、会社に遅刻するなど、仕事に支障が出てしまいました。またPCに向かって真面目に取り組んでも、内容が浮かんでくるわけではないので、ボーっとする時間も逆に増えて、プライベートの時間も少なくなってしまい、精神的に病みかけました。何かを犠牲にしないとかけないと思い込んでしまい、先に進むことができず、初期は毎日のように更新していたトレンドブログも、速報性のない浅い内容のブログを月数回アップするのがやっとのような状況になりました。そのため、もちろん需要もなく、さらにやる気を失うという悪循環に陥りました。

つまり、2021年現在にトレンドブログで稼ぐには、まず身の回りの環境整理からしないと結果として悪い方向にいってしまいかねません。サラリーマンの方はよくよく注意するようにしましょう。

ちなみに、情報発信者の実績紹介をみると1/100の1は限りなく主婦である確率が高いことも客観的な数値として出ています。

こちらもぜひ一度、2020年と2021年における実績者の数と併せてご自身の目で確かめてみてください。

情報発信者の中には、「芸能・人物カテゴリー以外のジャンルでも全然稼げます」と今でもいう人がいると聞きます。そこに関しては僕も少しだけ同感で、”一時的に”であれば稼ぐことはできると思っています。

しかし、トレンドブログを長期的に運用しようとなると、上図(トレンド分析シート)が示すように芸能・人物カテゴリーは避けて通れません。

【要注意】2020年5月以前の実績は意味がありません

ここまでの情報を今一度整理すると、以下の言葉に集約されます。

  • 2020年5月を機にトレンドブログの環境が一変し、個人が稼ぎづらくなった

そこでしっかりと考えなければいけないことは、2020年5月以前の実績は何の意味もないということです。

なぜなら、2020年と2021年現在とで環境が変わり過ぎているので、2020年5月以前に10万円を達成しようが30万円達成しようがそれは過去の栄光に過ぎず、現在のレベルで比較することができない為です。

このことから、これからトレンドブログを誰かから教えてもらいたいと検討している方は、情報発信者のサイトを見るときに

  • 2020年5月以降に始めた方で実績が出ているのか
  • 2021年現在も新しい情報を発信しているか
  • 過去の実績者や2020年5月以前の情報を使い回していないか
  • 2020年5月以前の実績をもとにして誇張していないか

をしっかりと見ていただければと思います。

KIHIRO

もし、これらの情報がなかった場合は怪しいとまず疑った方が良いですし、実際に「2020年5月以降の実績者や状況を教えてください」と聞いた方が良いですね!

個人がこれからブログで稼ぐために大事なこと

これからブログを始めようと思っている方は、現在ブログ界に起こっている状況をまず把握し、その上で自分の能力や環境、目指すべき目標に応じて取るべき手法や戦略をしっかりと考えるようにしてください。

トレンドブログは、専門的な視点で見ると確かに初心者向きの手法と言えますが、だからと言って「初心者はトレンドブログからやった方が良い」となるのは大きな間違いです。

ブログには、

  • トレンドブログ
  • 資産ブログ(クリック型広告)
  • 特化ブログ(成果報酬型広告)…etc

など様々な手法があり、それぞれメリット・デメリットが明確にあります。そのメリット・デメリットを把握せずして、安易にブログを始めてしまうのは絶対にやめておきましょう。

また、これからの時代にもう1つあった方が良い環境としては、コミュニティがオススメです。

これまでにもお伝えしてきたように、1年で大きく環境が変わってしまうのがWEB業界なので、一人で黙々と作業したところで情報のアップデートについて行けず、挫折してしまいかねません。

KIHIRO

またSNSでブロガーを集い、情報交換するのも1つの手だと思いますが、コミュニティの方が仲間同士で気軽に共有できますし、意識を高め合えますよね!その辺りは価値観で良いと思います!

以上、ここまで2021年にトレンドブログに直面している状況すべてを包み隠さずお伝えしてきました。

最近はコンテンツマーケティングが注目を浴び、気軽に情報発信者になることができる一方、情報発信者の質の低下が懸念されます。

この記事を通して、少しでもトレンドブログのあり方やサポートの受け方、情報発信者の見つけ方の部分でお役に立てることができれば幸いです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメント

コメントする

目次
閉じる