Home > Archives > 2007年1月 Archive

2007年1月 Archive

台北3日目

  • Posted by: buchi
  • 2007年1月25日 06:05
  • Trip

台湾の新幹線と日本で呼んでいる 台湾高速鉄道が 1月5日から試験運行しているということで, 乗りに板橋駅に向かった。台北から高雄までつながる予定であるが, 肝心の台北と高雄の駅は工事が済んでいない。現在は, 台北よりの板橋から 高雄よりの左栄までの間を運転している。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

台北2日め

台北でなぜか NANAのアニメ版をTVで見た。まだ, 第1話ってところだったけど。

台湾でNANA2の封切が近いのか, 始まったばかりなのか, そのプロモーションも兼ねているのだろう。

台北市内の道路ではスクーターの数が多い(二人乗りもあり)。しかも, 道路脇にびっちり駐車しているところがあちこちに。白線が引いてあるので, 止めてよいところなんだろうけど。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

台北到着

  • Posted by: buchi
  • 2007年1月24日 06:07
  • Trip | 写真

とりあえず, 台北に到着しましたですよ。

で, 次の写真は 今日の晩御飯。
水餃子と台湾ビール
で, これに うっかりチャーハンまで注文してしまって, 食べすぎ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Trip つづき

  • Posted by: buchi
  • 2007年1月21日 06:09
  • Trip

今週は, 外遊続きの予定だ。後半は休みをとって国外逃亡(台北)する予定。仕事の都合もあって, 結局事務所には週のうち1日しか顔を出さないことに・・・

台北にはカメラとレンズ一式を持ってゆく。ホテルから このblogに写真付きでエントリーしてみよう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「あるある」の納豆騒動

なんでも「発掘!あるある大事典2」がダイエットにいいと紹介したことで,世間では納豆がバカ売れだったそうだ。


納豆
Originally uploaded by cathykid.

が, 一転して 捏造騒ぎ。(毎日新聞:「あるある」に消費者から怒り)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

HOOVER'S OOOVER

  • Posted by: buchi
  • 2007年1月13日 06:12
  • music

HOOVER'S OOOVER というバンドを知った。( http://www.hoover-ooover.com/ )

かなり, 気に入っている。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

著作権保護期間延長に反対

Slashdot-Jのタレコミによって知ったが, 青空文庫が 著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名運動をしているらしい。

青空文庫

著作権保護期間は, 現行の"作者の死後 50年"でも 十分すぎるほど長い。それを 「ミッキーマウスの映画が70年に延びたから一緒に」と 70年にしようと言う動きがある。(音楽出版社協会, ITmedia News ) 組織によるロビー活動によって, それがあたかも国民の総意であるかのように立法サイドに伝わりがちである。No! という意見も根強いことを 示す必要がある。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

フィリピンの刑務所でアルゴリズムこうしん

またまた, wwwを徘徊して見つけた。

日経系列の PC Onlineで, みやしたゆきこ氏が NHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」という番組に関してコラムを書いていた。その最後に紹介されていたものだ。(この冬はピタゴラブームか?の巻(第95回))

刑務所内のアナウンスは 英語で行われているのに, 「アルゴリズムこうしん!」とかの掛け声は そのまま 日本語。 謎だ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

法律の寿命

日経系列のSafety Japanというwww site で大前研一氏が書いている「産業突然死」の時代の人生論というコラムを読んでいたら,

日本にも80年代の米国で制定されたサンセット法のように、法律に有効期間を設けるという制度があればまだいいのだが、とわたしは思う。(「産業突然死」の時代の人生論第57回)

と, 書いていた。正直 驚いた。何年か前からの 自論と同じだったからだ。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > Archives > 2007年1月 Archive

Return to page top